page-artists.php

王 昭 の作品・画歴

王 昭Wang Zhao

Gallery

「作品9」 「作品8」 「北京八達嶺長城・水彩」  19×24 「白百合」  10F 「赤富士 10F」  10F 「睡蓮」  30×33 「菖蒲」  10F 「金魚」  4F 「かもめ」  8F

王 昭 プロフィール

中国水墨画の力強さと日本画の美しさを融合した新しい世界を斬新な色彩感覚で表現されています。

 

1950年北京に生まれる。父は中国金王朝の世宋皇帝27代目にあたる。

母は清朝の最後の皇帝溥儀の妹。両親ともに北京画院の画家。文化大革命のあおりで18歳のときに延安に下放。苦しい中でも絵画への情熱を失わなかった。

1978年に北京に戻ることができ、最年少で北京画院のメンバーに。1982年最愛の母の死を契機に来日。東京芸大の平山郁夫画伯門下生となる。

熊本島田美術館、白根桃源美術館、静岡県立美術館などで個展多数。NHK大河ドラマ「八大将軍・吉宗」放送記念オリジナルリトグラフ制作。ニューヨーク、ユニセフ本部の選考で「鶴」がグリーティング・カードとして採用。各地でチャリティー展覧会など精力的に活動している。

王愛蘭(1921〜1995)画家、北京画院・中国美術家協会会員
王愛蘭は中国金王朝世宗皇帝の27代目

愛新覚羅溥?娯(1921〜1982)画家、北京画院・中国美術家協会会員
清王朝最後の宣統皇帝(愛新覚羅溥儀、後の満州国皇帝)6番目の妹

1950年9月5日

中華人民共和国北京市に生まれる

1969年

文化大革命のために延安に下放される

1972年

この年まで農村で農業に、78年まで鉄道会社に従事

1972年

傍ら創作活動を続け、延安地区の美術展覧会で大賞を獲得

1978年

周恩来首相夫人鄧頴超女史の配慮で西安から北京に帰る

1972年

直ちに北京画院の会員に推薦される

1982年

母の死去を契機に日本へ留学

1983年4月〜1985年3月 

東京芸術大学平山郁夫教授研究室で日本画を研究

1983年12月5日

銀座吉井画廊で個展(第1回)NHK、フジテレビで放映

1988年5月13日

静岡県立美術館で「王昭展」(第5回)NHK等放映   

1992年2月13日

静岡県裾野市主催「王昭展」(第9回)NHK等放映

1995年2月13日

NHK大河ドラマ「吉宗」放送記念リトグラフ制作

1994年10月   

小田急新宿店にて「救ライ基金募集チャリティー王昭展」

1999年4月13日

熊本県山鹿市、市制45周年記念特別企画「王昭新作展」(第26回)

1999年5月13日 

ユニセフ、グリーティングカードに「鶴」を選定

2000年5月13日

中国北京国際芸苑美術館で「王昭展」(第30回)

2001年10月5日

山形県主催「王昭展」(第33回)

2003年1月13日

東京・吉井画廊にて「王昭展」(第37回)

2003年3月13日

広島市主催「王昭個展」(第38回)

2003年11月5日

フランス・パリ・吉井画廊にて「王昭展」(第39回)

2004年1月13日

東京・吉井画廊にて「帰国展」(第40回)

2004年4月13日

伊東市主催「王昭展」(第41回)

2004年8月13日

ユニセフ、グリーティングカードに「赤富士」を選定

2004年10月5日

北京国際芸苑美術館で「王昭展」(第42回)

2005年2月13日

沼津市にて「〜インド洋大津波被災孤児を救おう!〜
ユニセフ支援チャリティー王昭展」(第43回)

    この作家に関してのお問い合わせ

    お名前必須

    ふりがな必須

    メールアドレス必須

    お問い合わせ内容必須

    • ご送信いただいた個人情報につきましては、お問い合わせに関する対応や、お客様とのやり取りのみに使用いたします。
    • お問い合わせ内容によってはご返答までにお時間をいただいたり、ご返答できかねる場合がございます。
    • 調査、営業目的などのお問い合わせは固くお断りいたします。

    プライバシーポリシーに同意の上、送信します。

    This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.

    公開日 : category :