TOP

八木幾朗の日本画 静岡・東京

八木幾朗の日本画 静岡・東京日時:2018年 11月14日(水)~20日(火)

場所:静岡松坂屋 本館6階 美術サロン

 

作品:「印象・静岡」 縦1057×横518㎜


四季の静岡、東京の街。八木の描く風景はすべて郷里の景色にも見える。いつでも挑戦的なその表現は多くの人の心を惹きつけてきた。特に、今回出席される海野光弘氏のご家族から託された版木への彩色連作には、新たな可能性を感じさせられる。そこには、作家の遺したものを再び生かそうとする八木の強い意志がある。
1955年
静岡県生まれ
1983年
多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修了
1999年
個展「八木幾朗の仕事」(平野美術館)
2008年
個展「八木幾朗の日本画」(浜松市美術館)

創画展春季展賞(1982,84,85)
創画展創画会賞(1986~1989)
静岡県文化奨励賞(2006)
横の会会員(1988~1992解散)
文化庁国内研修員(1985)
文化庁在外研修員(1990フランス)

主な収蔵先
新潟県万代島美術館 浜松市美術館 練馬区立美術館
平野美術館(浜松)広島県立大学美術館 島田市美術館
静岡県庁 当麻寺 増上寺 妙心寺

 

~混合技法で描く~ 水野恵理 伊藤和子 幻想絵画二人展

日時:2018年 11月21日(水)~26日(月)
※最終日は18時にて閉場

場所:福岡三越 9階 岩田屋三越美術画廊

テンペラと油彩の古典技法を用いて独自の世界観を表現した女性二人の作品を展示いたします。動物たちが織りなす不思議な物語をテーマに寓話や物語を絵画で表現する水野恵理、光と影の織りなす空間を油彩・テンペラで描く伊藤和子。独自の視点で作品を制作している女流画家の作品をどうぞご高覧くださいませ。

略歴

◆水野恵理

神奈川県生まれ。
1983年 女子美術大学芸術学部卒業。
光風会展、女流画家協会展等出品。
テンペラと油彩を併用する古典技法により、動物をモチーフにした作品を発表。
主な著書に『かわいいねこ』(小学館)
『しらゆきひめ』(「絵本グリムの森 3」パロル舎)

◆伊藤和子

神奈川県生まれ。
1神奈川県生まれ
共立女子大学文芸学部造形芸術コース卒業
米国・ペンシルベニア美術学校卒業 (Pennsylvania Academy of Fine Art)
FUKUI サムホール美術展優秀賞
青木画廊 punkt展
第25回 伊東市制60周年記念全国絵画公募展IZUBI 佳作賞 受賞


画業50年 第1回 青島紀三雄 水彩画展

画業50年 第1回 青島紀三雄 水彩画展日時:2018年 11月21日(水)~11月27日(火)

場所:静岡松坂屋 本館6階 美術サロン

 

作品:「水辺」 20P


水彩画で風景を描きはじめて、50年を過ぎました。遅い歩みを続けながら、好きなことのある幸せを感じ、ここまで描き 続けてきました。本年11月に古希を迎えますのを、ひとつの区 切りに、近作の小品を中心に個展を開催させていただきます。  水彩の魅力を多くのみなさまに見て、感じていただけたなら 幸いです。ご多忙のところ恐縮でございますが、ご高覧いた だけますよう、ご案内申しあげます。

青島紀三雄

1948年
静岡生まれ
1979年
白日会初出品入選
1992年
日展初入選(以降入選19回)
1995年
白日会会員
2005年
日展 会友
2008年
日展特選(2013年 特選)
2016年
改組新日展審査員
2017年
日展会員
富嶽賞展、ビエンナーレ展(入選10回)

池田靖史 油絵展 -パリの空の下ー

池田靖史 油絵展

日時:2018年11月28日(水)~12月4日(火)
※最終日は16時30分にて閉場させていただきます。

場所:新宿小田急 本館10階 美術画廊

作品:「モンマルトル」8P


落ち葉の舞い散る季節になりました。四季の移ろい、時の流れが感じられるような作品を揃えたいと制作に努めました。どうぞご高覧ください。

池田靖史

池田靖史先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ

「画廊スペース リニューアル」オープン記念セール開催中[対談]大築勇吏仁(画家)×大岡信(詩人) インターネットギャラリー 展覧会企画をお考えの業者様へ