最新のお知らせ

生誕140年 幽玄の画家 坂本繁二郎 絵画展

日程 2022年10月6日(木)~11日(火)

※最終日は17時閉場
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 東武百貨店 池袋店 6F 1番地 アートギャラリー

 

日程 10月12日(木)~18日(水)

※最終日は17時閉場
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 東武百貨店 池袋店 8階 催事場 坂本繁二郎特集

日本の近代洋画壇を代表し、美術史に偉大な足跡を残した画家の貴重な作品を展示いたします。作品は全てご遺族によって監修された作品です。2019年に没後50年、今年は生誕140年を迎えます。幽玄な雰囲気の立ちのぼる精神性の高い静物画や風景画を制作し、そのモチーフは、人生の歩みとともに、日常のシーンから、牧牛、馬、身のまわりの生活用品、能面、そして月へとゆるやかに変化していきました。梅原龍三郎、安井曾太郎と並ぶ洋画界の巨匠です。 貴重なこの機会をご堪能ください。

 

坂本繁二郎

【略歴】

1882年(明治15年)
福岡県久留米市に生まれる
1903年
新設の太平洋画会研究所に学び、同会展覧会に出品を続ける。
1907年
『北茂安村』が第1回文展に入選
1912年
(大正元年)第6回文展に出品した『うすれ日』は、夏目漱石が高く評価したことで知られている。
1914年
二科会創立に参加。
1921年
渡仏し、シャルル・ゲランに師事する。
1923年
『ブルターニュ』は、物の形を単純化し、色彩を重ねることで表現され、写実を超えて見る者の想像力へ訴える画法へと進化を遂げた。
1924年
久留米に戻り、以後は東京へ戻ることはなく、終生九州で制作を続けた。
1931年
友人の高校教師梅野満雄の援助で、福岡県八女(やめ)の梅野宅の隣地にアトリエ を建立。ここが以後の制作の拠点となる。
1953年
『水より上がる馬』で毎日美術賞を受けた。
1956年
文化勲章を受章。
1963年
朝日賞を受けた。
1969年
7月14日、逝去。87歳。

濱岡朝子 洋画展

日程 2022年年9月8日[木]~14日[水]

※催し最終日は午後17時終了
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 渋谷・東急本店 8階 美術画廊

日常の中で見ているものや考えた事を作品にしています。 キャンバスにアクリル絵の具や顔料などを使って制作しています。
生き物や生活の風景を切り取ったもの、想像の街並みなど それぞれの作品から物語を感じて頂けたら嬉しいです

濱岡朝子 先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


第4回 水野しづ 陶展

日程 2022年年9月14日(水)~20日(火)

※最終日は16時30分まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 松坂屋 静岡店 北館2階  アート&ラグジュアリーサロン Blanc CUBE

イベント情報9月17日(土)、 18日(日)、 19日(月・祝)、 作家本人による呈茶席ございます。

土に触れ始めて三十年近くになりました。当店にて四度目の個展となる今回は、従来の赤楽や黒楽、雪の結晶のような模様が析出する亜鉛結晶釉の器などに加え、近年取り組んでおります、珍しい星形の結晶が析出する結晶釉の器を多く展観させて頂きます。タイミングが合いましたら気軽な呈茶席もお愉しみくださいませ。
みずの しづ●1973年 名古屋市生まれ●1996年 武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科 陶磁専攻卒業●2002年 第34回 「日展」初出品初入選(以後13回入選)●2003年 「日工会展」入選(以後10回入選)●2010年 第20回「日工会展」奨励賞受賞、「愛知県文連展覧会」特選受賞●2014年 第41回「美濃陶芸展」審査員特別賞受賞、第48回「女流陶芸展」入選、「庄六賞茶?展」 入選●その他、個展、グループ展多数●現在 日展会友、美濃陶芸協会会員、工芸美術日工会会員

陽蟲画狂(みょうちゅうがきょう) 中津川翔太展

日程 2022年 10月4日[火]~10月10日[月・祝]

※最終日は16時まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 札幌三越 本館9階 三越ギャラリー

作家来場予定10月8日(土)、9日(日)

伝統工芸を学び、ポップカルチャーと日本の信仰を取り込んだ作風で一躍脚光を浴び、現代的なアートを取り入れることで失われつつある日本の伝統文化を新たに生き返らせた作品は、各地方から絶大なる支持を得ています。
1987年
神奈川県生まれ
2009年
東京藝術大学 美術学部 工芸科 入学
2013年
東京藝術大学 美術学部 工芸科 漆芸専攻 卒業
2017年
FUKUIサムホール展入選
2018年
DISCOVER THE ONE JAPANESE ART 2018 n London
審査員特別賞
2021年
ARTRUM SELECTION 最優秀賞受賞
活動
「ひかりの神興パレード神興制作」(2012年 東京スカイツリー)
「ロックバンド ストレイテナー アルバムジャケット制作」(2014年)

中津川翔太展先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


佐々木 伸佳 硝子展

日程 2022年 8月25日(木)~31日(水)

※最終日は17時まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 渋谷・東急本店 8階 美術ギャラリー

ベネチアの宙吹き硝子の技法を中心に器、花器、茶道具や、花や植物をモチーフにしたオブジェ等を展示いたします。渋谷・東急本店では4回目の展示になります。ぜひご高覧ください。

佐々木 伸佳先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


中司満夫 油彩画展 ~ヨーロッパから日本の風景へ~

日程 2022年 8月24日(水) 〜 29日(月)

※最終日は17時まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 福岡三越 9階 岩田屋三越美術画廊

中司満夫 「朝の天主堂 天草崎津教会」 145.7×48.6

中司満夫
「朝の天主堂 天草崎津教会」 145.7×48.6

初夏に旅したフレンチアルプス、スイスレマン湖の風景を中心に、今まで旅したフランス北部から南仏まで、田舎の美しい村々を描きました。そして近年では日本の美しい風景と改めて向き合い、手掛けるようになりました。どうぞご高覧くださいますようご案内申しあげます。

中司満夫

略歴
1966 山口県生まれ/ 1989 京都市立芸術大学美術学部油画科卒業/ 1997 辻真砂に師事/ 1999 阪急うめだ本店にて初個展(以降毎年)/ 2007 日本橋三越本店にて個展(’10’12’14’18’20)/ その他、池袋東武、渋谷東急本店、松坂屋静岡店、横浜そごう、名古屋・札幌・仙台三越など個展多数

中司満夫先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


Satoly art world展 in 北海道

Satoly art world展 in 北海道

日程 2022年 9月6日(火) ~ 9月12日(月)

※最終日は16時まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 札幌三越 本館9階 三越ギャラリー(イベントスペース)

イベント
モコモコバッグワークショップ
9/10㈯、9/11㈰ 11:00~15:00
対象: 作品を購入してくださった方またはお子様

今回の作品は、北海道や海外の孤児院の子供たちや障がいがある方々と一緒に描いた作品も一部あります。世界では戦争や紛争、差別、病気で心に傷を抱えた人や差別や障がいで苦しんでる人 がたくさんいます。目に見えない心に傷を負った子供たちが前向きな一歩を踏み出せるようにアートの力で心を癒したいと思い、活動しています。さまざまな人がいていろいろな世界があります。世界中のみんなが笑顔になり、命を奪い合うことのない日があってもいい。そんなことを思いながら今日も絵を描いています。

satoly

 

Satoly
吉本興業所属
2007年に正看護師になり、2013年看護師を辞め、現在アーティストとして世界19カ国 の養護学校、盲学校、聾学校、孤児院などで子供たちとアート制作ワークショップを開催。 沖縄 国際映画祭、京都国際映画祭等にてワークショップを開催。国内では、名古屋栄三越など百貨店 を中心に個展を開催。 HTBイチオシ、STV24時間テレビ、STVラジオ等などでSatoly特集が放送 され現在注目されるアーティストでもある。 コロナ禍では北海道、国内を中心に活動。7月から 海外での活動も再スタート。 笑いの総合商社でもある吉本興業に所属し、自分自身そして世界 中の子ども達がアートを通し笑顔にしたり、笑顔で生きていきたいとアーティストとして活動中。

satoly先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


横山智子 展 砕け散った青空を花とするなら ―月夜の森の梟と―

日程 2022年 8月31日(水) ~ 9月6日(火)

※最終日は18時まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 伊勢丹新宿店 本館6階 アートギャラリー

まだまだ不自由な生活が続いている。
一昨年秋、新聞コラムの挿絵の依頼を受けた。小説家の小池真理子氏が、夫で共に小説家であった藤田宜永氏の闘病と死の記憶を綴ったエッセイであった。『月夜の森の梟』と題された連載は人々の共感を呼び、読者から挿絵に対して的確な感想を多数いただいた。描く勇気が湧くとともに絆を感じられ、画家として幸福な経験であった。
今回、新宿伊勢丹アートギャラリーでの初個展で『月夜の森の梟』の全挿絵と新作のタブローの発表を行う。
作品は端緒私の記憶の集積であるが、その後求めていただいた方の記憶が蓄積され、長い時間をかけて完成されていくものだと考える。

横山智子

横山智子先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ