最新のお知らせ

百瀬智宏・倉田和夫 洋画二人展

日程 2021年 12月1日(水)~ 7日(火)

※最終日は16時30分まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 仙台三越 本館7階 アートギャラリー

高い空、広がる大地、煌めく緑。雄大な自然を誇る北海道を拠点とし、卓越した観察眼と精緻な筆使いで透明感溢れる風景画を制作する百瀬氏。

香ばしいパンの匂いや彩り美しい果実、花々などを描く倉田氏。

写実を極めた画家たちの作品をぜひご高覧下さい。

百瀬智宏先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ

倉田和夫先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


パリの空の下  第12回 池田靖史 絵画展

日程 2021年 12月1日(水)〜7日(火)

※最終日は16時30分まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 小田急百貨店新宿店 本館10階 美術画廊

ノエル(クリスマス)が近づいて、パリの旧市街は何時もの賑わいを取り戻している様です。自由に行き来できる日が早く訪れると良いですね。そんな思いを込めての展示です。

池田靖史

池田靖史先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


竹村健の世界 木版画・刻画展

日程 2021年 12月1日(水)~7日(火)

※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 松坂屋 静岡店 本館6階 美術サロン

私達は今、大きく変化する時代の中を生きている。それは当然、自らの生き方、そして作品にも反映されてゆくのである。いよいよアート作品が光を放つ絶好の時が来たのだ。さあ、第二幕の始まりだ!「今日は、残りの人生始まりの日!」を胸に進んで参ります。皆様とのお出会い、再会を心から楽しみにお待ちいたしております。 

竹村健

竹村健先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


大平由香理 日本画展 ~色の鼓動~

日程 2021年 12月1日(水)~6日(月)

※最終日は17時まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 福岡三越 9階 岩田屋三越美術画廊

新しい感性で山々や自然の風景を鮮やかな色彩とダイナミックなスケールで描く日本画家 大平由香理先生の個展を開催いたします。力強くまた、フレッシュな新作20余点を展覧いたします。

大平由香理先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


横山智子展  光の奏―儚さを永遠に変換する刻一

日程 2021年 11月24日(水)〜29日(月)

※最終日は17時まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 日本橋三越本店 6階 美術サロン

その花は葉を持たない。茎や根もない。水と戯れ風に漂う。
その前に佇んだひとを威圧するのではなく 記憶の広がりの中で静かに対話する懐かしい未来の花 そんな花を描きたい。

横山智子

横山智子先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


―時代が交差する 現代の絵師― 深沢尚宏 花鳥画展

日程 2021年 11月25日(木)~12月1日(水)

※最終日は17時まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 東武百貨店 池袋店 6F 1番地 アートギャラリー

現代における「日本的なるもの」をテーマに、古典の美である花鳥画をグラフィックの軽やかさで描く深沢尚宏。静謐と絢爛、異なる景色は表裏一体。約30点を展示いたしますので、どうぞご高覧くださいますようご案内申し上げます。


第3回 石井 行 洋画展

日程 2021年 11月24日(水)~11月30日(火)

※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 松坂屋 静岡店 本館6階 美術サロン

私の住んでいる藤沢からは日々、様々な姿に変化する富士山を眺めることができます。
一昨年の個展以来、数回、静岡を訪れスケッチした富士山に私の富士山への思いを重ね描きました。富士山を敬愛する静岡の皆様の心に響けば誠にうれしいです。

略歴

1948年
神奈川県藤沢市生まれ
1970年
多摩美術大学絵画科油絵専攻卒業・銀座みゆき画廊個展
1973年
県展で受賞
1974年
ミニコミ誌「たうん湘南」表紙絵
1983年
笹沢左保著「明日はわが身」(集英社文庫) 表紙絵
1984年
湘南在住若手作家選抜12人展出品
1989年
読売新聞「歌壇・俳壇」装画(全国版10月・5回連載)
1994・95年
絵入り年賀はがき神奈川県版原画制作

1970年以後、毎年、百貨店・画廊にて個展を開催


第8回  坪井俊憲 陶展

日程 2021年 11月24日(水)~11月30日(火)

※最終日は16時30分まで
※営業時間については百貨店のHPにてご確認ください。

場所 松坂屋 静岡店 本館6階 アートビュー

このところ感染症の影響で器の流通形態にも変化が生じているように感じております。そのような流れの中、今展では今求められている器がどのようなものかを再考し作陶したいと考えております。

 

坪井俊憲