page-artists.php

松野 行 の作品・画歴

松野 行Kou Matsuno

Gallery

「歩む」  F30 「夏富士」  F8 「歩む」  20F 「初富士」  6F 「運河の夕」  F10 「水牛図」  10F 「水牛図」 「作品9」 「流砂の道」  F20 「富士・初春」  6F 「青きモスク」  F10 「菅生沼・12月」  10F 「作品4」 「上昇気流」  3F 「作品2」 「作品1」

松野 行 プロフィール

1958

栃木県宇都宮市生

1978

栃木県芸術祭美術展

1979

白日展

1980

北関東美術展

1981

日洋展(’98会員賞、’01委員賞、’12損保ジャパン美術財団賞ほか)

1982

現洋展奨励賞

1983

上野の森美術館大賞展
日展

1996

日本の自然を描く展産経新聞社賞

2001

上野の森美術館大賞展優秀賞・ニッポン放送賞

2005

作家の視展(上野の森美術館)

2012

公募団体ベストセレクション美術2012(東京都美術館)
第44回日展特選「峠を行く」

2013

うつのみや市民賞受賞

2014

宇都宮美術の現在展(宇都宮美術館)

2015

改組新第2回日展特選「峠を行く」

2017

下野新聞元旦紙面の扉絵掲載

2018

「松野行作品集1975-2017」刊行

2019

日展審査員

2020

日展会員推挙

現在:日展会員、日洋会理事、栃木県新作家集団会員、日本美術家連盟会員
師 :日野耕之祐

 

作家の言葉

 写実的な絵、説明の多い絵は描きたくない。かといって、全く説明がない環境芸術でもつまらない。できれば具象と抽象のはざまのところで、何か面白くできないものかなあと思いながら描いている。

 パウル・クレーが、「美術とは、眼に見えるものを再現するのではなく、見えないものを眼に見えるようにするのだ。」と言ったように、私も見えないものを見えるように出来るよう努力したい。そして、「あいつ、いい絵を描いているなあ。」と言われるような作家になりたい。

    この作家に関してのお問い合わせ

    お名前必須

    ふりがな必須

    メールアドレス必須

    お問い合わせ内容必須

    • ご送信いただいた個人情報につきましては、お問い合わせに関する対応や、お客様とのやり取りのみに使用いたします。
    • お問い合わせ内容によってはご返答までにお時間をいただいたり、ご返答できかねる場合がございます。
    • 調査、営業目的などのお問い合わせは固くお断りいたします。

    プライバシーポリシーに同意の上、送信します。

    This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.

    公開日 : 2020-6-4