TOP

若佐慎一 日本画展

若佐慎一 日本画展日時:2017年 7月13日(木)~19日(水)
※最終日は17時にて閉場させていただきます。

場所:渋谷・東急本店 8階 美術画廊

作品:「狛犬様」 10号


この度、東急百貨店本店で約2年ぶりの東京個展を開催させて頂きます。今展では過去の狛犬様シリーズに加えて、招き猫様や新テーマの妖怪シリーズなどの日本に古くからまつわるテーマで制作致します。 皆様のご来場をお待ちしております。

若佐慎一

若佐慎一先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


山下祥 作陶展  -美濃焼きで味わうティータイム-

日時:2017年7月19日(水)~8月1日(火)
※最終日は17時にて閉場させていただきます。

場所:松坂屋 静岡店 本館6階 アートビュー

藤野貴則 陶展

作品:
「志野飯碗」 13×6.5cm
「志野茶盌」 12×8.3cm
「鼠志野徳利」 9×12.5cm
「志野長皿」 30×13×2.5cm

静岡でのご縁を結び2度目の開催となりました。伝統ある美濃焼での皆様の日常生活に和みある空間へとお手伝いできればと思います。 どうぞ、お気軽にお立ち寄りいただければ幸いに思います。

小田急 絵画市

日時:2017年 7月19日(水)~ 25日(火)
※最終日は16時30分にて閉場

場所:小田急新宿店 本館10階 美術画廊・アートサロン

現在注目を集める若手作家から、人気作家、巨匠まで、多彩な作品を取り揃え小田急絵画市を開催致します。 児玉幸雄特集コーナーもございます。 ぜひこの機会にご高覧ください。

アートスクランブル

日時:2017年 7月19日(水)~ 25日(火)
※最終日は17時にて閉場させていただきます。

場所:静岡松坂屋 本館6階 美術画廊・サロン

新しいに出会えるアートの交差点、アートスクランブル。今回は「季節の移ろい」をテーマにご案内いたします。 季節の移ろいや四季折々の自然の美しさは古代から現代まで詩歌をはじめ絵画や工芸品などに表現され、時として人生観にも大きな影響を与えてきました。本展では、それぞれの季節に楽しんでいただける絵画工芸品を中心に多数ご用意し展示即売致します。 お客様にとりましてこの機に新たな出会いがあれば幸いです。

肥沼 守 世界展

日時:2017年 7月26日(水)~ 8月 1日(火)
※最終日は17時にて閉場させていただきます。

場所:松坂屋 静岡店 本館6階 美術サロン

犬や象、キリンといった動物をテーマに、古典技法のフレスコ画で描いています。 雲や星をまとった不思議な動物達を通して生きる歓びを表現したいです。

肥沼守

肥沼守先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


第2回 金子琢磨 油絵展

オリーブ畑の木陰 M40日時:2017年 7月26日(水)~ 8月 1日(火)
※最終日は16時30分にて閉場させていただきます。

場所:仙台三越 本館7階 アートギャラリー

作品:「オリーブ畑の木陰」 M40


この度二回目となる展示では、私の主題ともいえるヨーロッパ、イタリアなどの風景の光と空気の追求をした作品と共に、新たな道を開く試みとしての作品も発表致します。

金子琢磨先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ



藤野貴則 陶展

日時:2017年 7月12日(水)~18日(火)
※最終日は17時にて閉場させていただきます。
終了いたしました。

場所:松坂屋 静岡店 本館6階 美術サロン

藤野貴則 陶展

作品:「釉描色絵銀彩椿図扁壷」 巾44.7、奥行24.7、高28.5㎝


藤野貴則氏は、藤本能道先生、末岡信彦先生からの釉描技法を継承する作家で、20代で日本工芸会正会員になったという実力の持ち主です。釉描技法による重層的な絵付けにより自然の美しさを器の中に表現しています。花器、水指、茶碗など、食生活を楽しくさせる作品を多数出品いたします。ぜひご高覧下さい。

小林聡一 油絵展

小林聡一 油絵展日時:2017年 7月5日(水)~11日(火)
※最終日は16時30分にて閉場させていただきます。
終了いたしました。

場所:仙台三越 本館7階 アートギャラリー

作品:「Rosa e Pera(薔薇と洋梨)」 P10


イタリア・フィレンツェの国立美術学校に留学し、バロック絵画の明暗法や19世紀アカデミズム絵画を中心にデッサン・油彩画を学んだ小林聡一先生の個展を開催いたします。ヨーロッパの骨董市などで探したモチーフを使った静物画を中心に、重厚感のある作品を展覧致します。

小林聡一先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ


~眼で味わう絵画~ 倉田和夫 絵画展

日時:2017年 6月27日(火)~ 7月2日(日)
※最終日は18時にて閉場させていただきます。

場所:福岡三越 9階 美術画廊
終了いたしました。

リアリズムを追求する倉田和夫先生が、芳しい花の香りや、焼立ての香ばしいパン、器に盛った瑞々しい野菜などを描きあげました。 “見る”ということだけに留まらず、“味わう”ということも出来るような絵画の世界をご紹介致します。 優しい眼差しと卓越した描写力で描かれた作品の数々をどうぞご高覧ください。

倉田和夫先生の作品・プロフィールはこちらをどうぞ

チャリティー展覧会[対談]大築勇吏仁(画家)×大岡信(詩人) インターネットギャラリー 展覧会企画をお考えの業者様へ