TOP
取り扱い作家

大築 勇吏仁(おおつき ゆりひと / Yurihito Otsuki)

Gallery I Gallery II Gallery III Gallery IV Gallery V
Gallery VI Gallery VII Gallery VIII Gallery IX Gallery X

←:前の作品一覧を観る 次の作品一覧を観る:→
この作者に関してのご質問・お問い合わせはこちら
@ お問い合わせの内容をお選びください。 A お名前:
B お電話:

D メール:

大築勇吏仁 プロフィール

大築勇吏仁埼玉県生まれ。早稲田高校時代の1975年、大岡信にデッサンや詩の助言を受ける。邦千谷に現代舞踊を、水藤五郎に錦琵琶を師事し、ピアノ、リコーダー演奏を通じてバロックやロマン派の音楽を研究。日本基督教大学神学科に学ぶが、疑問を感じ断念。元駐日米国大使エドウィン・O・ライスシャワーの知遇を得、’82年より同氏の推薦により、日本聾話学校教諭として、言語、視聴覚特殊教育にたずさわった。

’86年、スペインに渡り、マドリッド総合大学美術学部に学ぶ。以来、王室御領サン・ロレンゾ・デ・エル・エスコリアル市に在住し、活動を続ける。’90年より難波田龍起との親交を得、絵画上の鼓舞を受けた。’92年よりスペイン有数の国際的な現代美術画廊であった57画廊を代表する作家の一人として個展を重ねる。その仕事は現代スペインを代表する著名な美術評論家や文化人、画商、コレクター等から高い評価を受けている。

特に詩人・大岡信氏との親交から生まれた作品群は人間の内部に深く入り込んだ精神性の高い作品である。 *詳しくは特集作家の大築勇吏仁欄をご覧ください。

1958年
埼玉県生まれ
1975年
早稲田高校時代大岡信にデッサン、詩などの助言を受ける。
現代舞踊、錦琵琶、ピアノ、リコーダー演奏などを通じてバロックやロマン派の音楽を研究する。
日本基督教大学神学科入学
1986年
スペインに渡り、マドリッド総合大学美術学部入学
以後スペイン在住
マドリッド、東京、横浜、大坂などで個展多数
 
[対談] 大築勇吏仁(画家)×大岡信(詩人)

[対談] 大築勇吏仁(画家)×大岡信(詩人)
『人の心を動かす表現の素晴らしさを』

 
特集作家 大築 勇吏仁 「大築 勇吏仁 展 
〜大岡信とサン・フォアン・デ・ラ・クルス(十字架の聖ヨハネ)の詩に寄せて〜」

〜大岡信とサン・フォアン・デ・ラ・クルス
(十字架の聖ヨハネ)の詩に寄せて〜
※別ウインドウで開きます。音声が再生されます。

【個 展】
1988 
兜屋画廊(東京), ギャラリーパリス(横浜), グランド・ギャラリー(大阪)
1990 
紀伊国屋画廊(東京), ギャラリーパリス(横浜)
1991 
アロルフォ・アートスタジオ(マドリッド)
1992 
57画廊(マドリッド)
1993 
サン・ロレンゾ・デ・エル・エスコリアル市文化会館(サン・ロレンゾ・デ・エル・エスコリアル) チェス世界選手権決定戦 記念会見サロンにて個展
1994 
上田カルチャープロジェクツ・ギャラリーデコール(東京)
1995 
57画廊 〜東洋の詩の華 , 大岡信の詩篇へ〜(マドリッド)
1998 
上田カルチャープロジェクツ・ギャラリー上田(東京)
1999 
57画廊 〜宇宙の器 , 道元〜(マドリッド)
2002 
57画廊 〜風景〜 : 油彩とセラミック, 墨による展示(マドリッド)
2004 
サン・ロレンゾ・デ・エル・エスコリアル市議会文化部主催 「大築 勇吏仁回顧展 〜晩課〜 」(サン・ロレンゾ・デ・エル・エスコリアル) 芸術と自然アート・センター「ヨブ記についてのヴァリエーション原画展」(マドリッド)
2005 
マリーナ・ミランダ画廊 〜彼方の旅〜(マドリッド)
2006 
ラウイア書店 〜詩画集「家」原画展〜(マドリッド)
2007 
王室御領サン・ロレンゾ・デ・エル・エスコリアル市主催 文化週間記念 〜大岡信へのオマージュ〜 大築 勇吏仁作品展(サン・ロレンゾ・デ・エル・エスコリアル)
【グループ展】
1991 
国際アートフェア〜東京アート・エキスポ(東京)
1994 
57画廊 , ロバート・インディアナ, ソル・ルウィット, アントンラマサレス等の作品と共に展示(マドリッド) 上田カルチャープロジェクツ・ギャラリーデコール(東京)
1997 
57画廊 , デビット・ホックニー, フェラン・ガルシア・セビージャ等の作品と共に展示(マドリッド)
1998 
57画廊 , アーシル・ゴーキー, アラン・マッコルム等の作品と共に展示(マドリッド)
2002 
国際コンテンポラリー・アートサロン 〜エディション・マドリッド〜 にアンヘレス・マルコス, マヌエル・ビラリーニョと共に57画廊より出展(鉱山王宮)
2003 
国際アートフェア 〜アルコ〜 に57画廊より出品(マドリッド)
2004 
'05 国際芸術祭アルテ・ナーバスに招待出品(アビラ) アセール・アルテ・アートセンター オープニング記念展(オビエド市)
2005 
アルテ・ナーバスの作家展(ビジャ・ビシオサ・デ・オドン市)
2006 
詩人の眼・大岡信コレクション展(朝日新聞社,各美術館主催)東京,静岡,福岡,栃木(’07)巡回
2008 
アルテ・ナーバス現代美術展 ─ 聖ドミンゴ・聖パブロ修道院 , アビラ銀行芸術センター(アビラ)
【その他】
1979 
師の邦千谷と共に東京都美術館にて舞踊「影」を発表
1993 
スペイン・テレマドリッドテレビ局が「ルネッサンス的な画家・大築 勇吏仁」として展の取材, 放映をする 大岡信のエッセイ「ユリヒト・オオツキのこと」が別冊文藝春秋に春号に掲載され, 同文が補筆されて'95年小学館刊行エッセイ集「光の受胎」におさめられる
1995 
スペイン語訳「大岡信詩集」をマドリッド, トレモサ出版社より, 大江健三郎の序文を得て出版 大岡信によるエッセイ「フォルムと色彩を越えて─大築 勇吏仁の絵画」57画廊カタログ(マドリッド)
1998 
エッセイスト, 哲学者 ルイス・ジェラ, 文化人類学者 ファン・カルロス・ヒメノらと文芸・思想雑誌 「エクシリオス」創刊。創刊号に「大築 勇吏仁の絵画」を特集, 以後同誌にて大岡信の詩や, 泉鏡花「龍潭譚」スペイン語初訳, 道元「山水経」の部分訳等を発表。
1999 
カルティエ(Cartier)の依頼により, 新店舗(マルベージャ市)オープニング特別招待状のための水彩画を制作
2000 
同年よりマヌエル・ビオラ絵画賞の審査員をつとめる
サン・ロレンゾ市の依頼により夏期特別講習「書」の講師をつとめる
バルデモリージョ市より, スペインの作家達と日本の文化の交流展の企画を依頼され, 「日本の露」と題して日本大使館の協力を得て開催, 書と陶芸を発表する
2002 
マドリッド国立陶芸学校の依頼により「創造の時」と題して2回に分けて講演
2004 
ルイス・ジェラのエッセイに絵画的コラボレーションを行った「ヨブ記についてのヴァリエーション」をエクシリオス叢書より刊行。芸術と自然アート・センター(マドリッド)にて刊行記念会
2006 
詩人ラウル・モラレスとの大型判詩画集「家」をラウイア出版より刊行。美術評論家フランシスコ・カルピオ, 文芸評論家オルビド・ガルシアの出席を得て, サン・ロレンゾ・デ・エル・エスコリアル市文化会館にて出版記念会
2007 
“〜大岡信へのオマージュ〜 大築 勇吏仁作品展”(王室御領サン・ロレンゾ・デ・エル・エスコリアル市主催)には大岡氏の初版本, 書等も展示。公開記念会には, 大岡信夫妻の出席を得て, 大岡信による詩の朗読、大築 勇吏仁、哲学者ルイス・ジェラ, 市長助役文化顧問ホセ・アントニオ・バラによる講演と,メゾソプラノ手嶋眞佐子,ピアノ・アンヘル・レカスによる小コンサートが開かれる。記念事業として、同市との共同出版により, スペイン語訳カタログ詩画集の出版と, 大築 勇吏仁のオリジナルリトグラフに大岡信の原詩とスペイン語訳を附した詩画集「咒」(37部限定)が記念刊行される ※スペイン国内での展評等は, これまでスペインを代表する各新聞(ABC紙, エル・バイス紙, ラ・ラソン紙等)の文化欄,  雑誌等に多数取り上げられ, 執筆陣もそれぞれ現代スペインを代表する美術批評の第一人者達に評されている。