TOP
取り扱い作家

水野恵理(みずの えり / Eri Mizuno)

Gallery I Gallery II Gallery III Gallery IV Gallery V

←:前の作品一覧を観る 次の作品一覧を観る:→

テンペラと油彩を併用する混合技法により、美しいマチエールで動物や植物をテーマにした不思議な作品を描いています。その独特な世界は、物の存在の神秘性、美しさ、または不気味さを表現し、多くのコレクターを魅了しています。

※混合技法とは
 レオナルド・ダヴィンチやボッティチェルリなど、ルネサンス期に活躍した多くの画家達が主に使っていた技法で、「最後の晩餐」や「受胎告知」などダヴィンチの有名な作品のほとんどはこの技法で描かれています。顔料と卵の黄身と水を練って作ったテンペラ絵の具と顔料と油を練って作った油絵の具を併用して重ねる事により、複雑できめの細かい表現が可能になります。 油彩の持つ複雑な色彩の仕組みを最大限に引き出す為に考え出されたものが、混合技法です。現在も絵画芸術のルーツを辿り、古典絵画を学ぶ多くの画家達がこの技法で作品を制作しています。
 水野作品に登場する動物や植物は、古くはフランドルやネーデルランドの画家達(ヒロエニスム・ボッシュ、ピーテル・ブリューゲルなど)の作品を思わせます。 形あるものを描きながら、その実、人間の心の世界や空想の世界を表現する手法は、フランドルの画家達からドイツ表現主義やシュルレアリスム、ベルギー象徴主義や世紀末の画家達、さらにウィーン幻想派などに受け継がれて行きました。水野恵理の幻想的な世界もその一脈といえるでしょう。
この作者に関してのご質問・お問い合わせはこちら
@ お問い合わせの内容をお選びください。 A お名前:
B お電話:

D メール:

水野恵理 プロフィール

神奈川県小田原市に生まれる

1983年
女子美術大学芸術学部卒業
1984年
光風会展・光風奨励賞受賞
1985-88年
女流画家協会展
1988-91年
ネオ・メディーバル展(ストライプ美術館他)
1990年
JAPANISHCHE PHANTASTEN展(ドイツ・ローランツホーフ画廊)
1991年
眼展(東京・青木画廊)(以後毎年)
1998年
絵本「しらゆきひめ」原画展(栃木・グリムの館)
2001年
個展・東武百貨店(東京・池袋)
2002年
アジア絵本原画ビエンナーレ優秀賞受賞
2005年
個展・東武百貨店(東京・池袋)
2006年
「KAMOKU]展(ニューヨーク・LABギャラリー)
2008年
個展・青木画廊(東京・銀座)
水野恵理

主な著書

『かわいいねこ』(小学館)
『しらゆきひめ』(「絵本グリムの森 3」パロル舎)
『旅うさぎ』(パロル舎)など